アマ名人戦の県大会に参加して①

先日(8月5日)開催された第72回アマチュア名人戦沖縄県大会に参加してきました。

県代表選抜
S級
A級
B級
C級
D級
棋力によりランク分けされる中で席主は最上位の県代表選抜戦に参加。

予選ブロックの初戦は何度か対戦経験のある高段者のKさん。
席主は四間飛車戦法を採用。

船囲い棒銀VS四間飛車美濃囲いという昔ながらのオーソドックスな形になった。(都合により先後逆で表示)
図1の△6四歩では△7五歩もある所だが後の△6五歩を含みにして先手に▲7八飛と寄りづらくさせる効果がある。
対して席主は▲69飛と引いた。これは▲7八銀〜▲6五歩、または▲6八角〜4六角、場合によってはすぐに▲6五歩の強打を考えていた。


図1



以下
▲6九飛△9五歩▲同歩△8六歩▲同歩
△9五香▲8五歩△同銀▲9五角△8六歩
▲8四香△9二飛▲8三香成(図2)


図2



相手の端攻めをいなして成香を作り、大きなリードを奪った。
棒銀戦法は成功すれば抜群の破壊力だが遊び駒として銀が残りやすい。
また王の位置と逆方向の端攻めは席主の主観としてはいなし易く十分な中盤の運びとなった。

しかし結果は席主の逆転負け。
ここしばらく終盤に難があることを意識していたが悔しい一敗となった。
次回へ続く。

"アマ名人戦の県大会に参加して①"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]